logo

フォトレポート:米陸軍が表彰した2009年の技術 - 5/17

文:Jonathan E. Skillings(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年12月28日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米陸軍は天蓋に太陽光発電を組み込んだテントから、この「Rucksack Enhanced Portable Power System(REPPS)」まで、実戦での太陽エネルギーの使用に大きな可能性を見いだしている。米陸軍によると、REPPSは実戦で使用可能な初の携帯型バッテリ充電システムで、2009年の数カ月間実戦で使用されたという。この太陽電池素子(ちなみに反射防止処理が施されている)の目的は厳しい環境下で代替電力源を提供することだ。これは贅沢品ではない。今日の兵士の装備はバッテリを大量に消費する。

 REPPSは米陸軍の通信電子工学研究、開発、およびエンジニアリングセンター(Communications-Electronics Research, Development and Engineering Center:CERDEC)で開発された。米陸軍によると、軍隊でよく使われるタイプのバッテリを5〜6時間で充電することが可能で、複数のREPPSシステムを連結して、エネルギー消費量の多い装備を充電することもできるという。

 米陸軍は天蓋に太陽光発電を組み込んだテントから、この「Rucksack Enhanced Portable Power System(REPPS)」まで、実戦での太陽エネルギーの使用に大きな可能性を見いだしている。米陸軍によると、REPPSは実戦で使用可能な初の携帯型バッテリ充電システムで、2009年の数カ月間実戦で使用されたという。この太陽電池素子(ちなみに反射防止処理が施されている)の目的は厳しい環境下で代替電力源を提供することだ。これは贅沢品ではない。今日の兵士の装備はバッテリを大量に消費する。

 REPPSは米陸軍の通信電子工学研究、開発、およびエンジニアリングセンター(Communications-Electronics Research, Development and Engineering Center:CERDEC)で開発された。米陸軍によると、軍隊でよく使われるタイプのバッテリを5〜6時間で充電することが可能で、複数のREPPSシステムを連結して、エネルギー消費量の多い装備を充電することもできるという。

提供:U.S. Army

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]