logo

フォトレポート:米陸軍が表彰した2009年の技術 - 11/17

文:Jonathan E. Skillings(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年12月28日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米陸軍によれば、Dukeによって初めて、プログラムを1回読み込むだけで、「Humvee」などの車両が遭遇する可能性のある既知のIEDの脅威をすべて明らかにすることができるようになったという。このシステムをプログラムし直して、新しい脅威に対応することもできるという。「Blue Force Tracker」などのほかの電子システムとの干渉は最小限に抑えられているそうだ。

 米陸軍は、CERDECグループが開発したDuke V3を2009年に1万2500台実戦配備したと述べている。2010年11月までに、4万台以上のDukeシステムがイラクとアフガニスタンの米陸軍戦闘車両で使用された。

 米陸軍によれば、Dukeによって初めて、プログラムを1回読み込むだけで、「Humvee」などの車両が遭遇する可能性のある既知のIEDの脅威をすべて明らかにすることができるようになったという。このシステムをプログラムし直して、新しい脅威に対応することもできるという。「Blue Force Tracker」などのほかの電子システムとの干渉は最小限に抑えられているそうだ。

 米陸軍は、CERDECグループが開発したDuke V3を2009年に1万2500台実戦配備したと述べている。2010年11月までに、4万台以上のDukeシステムがイラクとアフガニスタンの米陸軍戦闘車両で使用された。

提供:U.S. Army

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]