logo

ドコモやKDDIなど13社3大学、柏市ショッピングモールで実証実験を開始

松田真理(マイカ)2010年11月02日 19時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 総務省の研究開発プロジェクト「ユビキタス・プラットフォーム技術の研究開発」を受託する13社3大学は、千葉県柏市の商業施設「三井ショッピングパーク ららぽーと柏の葉」などで実証実験を実施すると発表した。

 参加団体は、国際電気通信基礎技術研究所、日立製作所、三菱電機、NTTドコモ、大阪大学、沖電気工業、慶應義塾、東京大学、NEC、NTT、パスコ、パナソニック、パナソニック システムネットワークス、横須賀テレコムリサーチパーク、KDDI、KDDI研究所。11月3日から12月19日の期間、三井不動産、柏の葉アーバンデザインセンター、千葉県柏市の協力のもと、「ユビキタスパーク」の名称で実施する。

 今回の実証実験では、施設館内の携帯端末やデジタルサイネージを通じて、店舗情報やセール情報、同伴者の居場所情報を配信する。携帯端末は来場者に貸し出す予定。

 具体的には、ららぽーと柏の葉館内の様子をデジタルサイネージや携帯電話に配信する「タイムリー&タイムリー 情報配信サービス」、携帯端末を利用した「ららぽーと・クイズラリー」、フードコートで料理を注文した顧客に電子タグを渡し、位置情報をもとにスタッフが料理を運ぶ「フードコートお届けサービス」などを実施する。

-PR-企画特集