logo

「Internet Explorer」が経た15年--MSブラウザの歴史を振り返る - (page 3)

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年08月19日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 その他の地域では、IEは今もWindowsに組み込まれている(ただしその機能の大半を表示しないオプションも用意されている)。

 IEはその普及率にもかかわらず、開発者やユーザーから大いに冷笑を浴びてきた。特にWindows XPに付属する「Internet Explorer 6(IE6)」は、脆弱性があり批判が大きかった。Microsoft自身もユーザーにIE6の使用をやめるよう呼びかけてきたが、同ブラウザ(とWindows XP)が長い間使われているということは、批判にもかかわらず生き残ったことを意味する。

現代のブラウザ戦争

 最初のブラウザ戦争でNetscapeに勝利した後、Microsoftでは、ブラウザの改良は少しずつゆっくり行うというペースが定着し、同社がWindows自体を更新する時にのみ行われることが多くなった。

 IE6には、Windows XPへのService Pack 2の適用と同時に重大なセキュリティ更新が施された。しかし、Microsoftは2001年から2006年の「Windows Vista」までWindowsのメジャーリリースを行わなかったため、Firefoxがタブブラウジングなどの機能を追加し続ける中、IEは技術革新の面でついて行けなくなった。

 Microsoftは、「Internet Explorer 7(IE7)」で機能面の遅れを多少取り戻した。また2009年にリリースした「Internet Explorer 8(IE8)」で、標準の面でもある程度挽回しようとした。

 とはいえGoogle、Mozilla Foundation、Appleのブラウザと技術面で戦えるブラウザの提供という点でMicrosoftが大きな望みをかけているのは、やはり現在開発中のIE9だ。

 IE9がどのようなものかMicrosoftはまだ多くを語っていないが、よりミニマリスティックなアプローチを目指していることは示唆している。

 MicrosoftのRyan Gavin氏は先週のインタビューで次のように述べている。「ブラウザは劇場だ。われわれは芝居そのものではない。劇場が芝居を見る邪魔になることは望まないだろう」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]