logo

MSとYahooの提携で検索市場はどうなる?

2009年7月30日 20時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MicrosoftとYahooが7月29日に検索および広告分野における提携を発表しました。MicrosoftはYahooの検索技術ライセンスを取得した上で同社に検索サービス「Bing」を提供します。一方、Yahooは両社の広告主に対し、ワールドワイドで独占的に販売契約を結ぶことになります。両社が結んだ契約は10年間に渡るものです。

 ただし検索市場におけるYahooとMicrosoftを合わせたシェアは、依然としてGoogleのシェアの半分にとどまっています。Yahooの検索技術とトラフィックを獲得したMicrosoftはオンライン事業を好転させ、Googleに打ち勝つことができるでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。読者の皆様のコメントもお待ちしております。


  • 10年ですか。 すごい期間ですよね。 googleがY!の検索エンジンだった時代が終わってから5年。わずか5年。 10年同じ船に乗る覚悟はすごい。この覚悟しだいで新しいサービスがどんどん出てきてほしいです。
  • MSがGoogleとの戦争に打ち勝つための最後の手段として、戦略的には評価する。勝てるかどうかはこれからの問題ではあるけれど。 Googleと競争して打ち勝つための方法は実はきわめてシンプルである。つまり、Googleよりもユーザーに愛される検索サービスを提供さえすれば良い(優れている必要は必ずしもなく、使われることが大事)。 ...
  • 単なるシェアの積み上げにはならないし、それでは面白くない。MSがYahooと組んでGoogleにはないサービスを展開できるかが鍵となるでしょう。 思考回路の全くことなる2陣営が、今後どんなサービスを展開し、刺激しあっていくのか興味と期待はつきません。クラウドコンピューティングのインフラをどう活用していくかもポイントになるでしょう...
  • なるようになると思う(笑)。 すみません、気のない返事で・・・。 ブラウザシェア競争、ICチップシェア競争同様、当事者には重要な話だけど、部外者にとってはどうでもいいような気が・・・。つまり流れは変わらないし、大勢に影響はないと考えてます。 IT業界の今後を占う上でより重要なのが、facebookやtwitterなどのリアルタイム検...
  • これで世界の検索市場が、MSとGoogleの覇権争いになったことは、それはそれでいいんですよ。 ただネットが産んだ最初のベンチャーであるYahooが、この極めてフツーに見える最終選択をしたことが、少し残念で。 RPGゲーム的にエンディングが一気に近づいちゃったような気がしてます。 Yahooって、このネット黎明期のサーガを、...

-PR-企画特集