logo

MSとYahooの提携で検索市場はどうなる?

2009年7月30日 20時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MicrosoftとYahooが7月29日に検索および広告分野における提携を発表しました。MicrosoftはYahooの検索技術ライセンスを取得した上で同社に検索サービス「Bing」を提供します。一方、Yahooは両社の広告主に対し、ワールドワイドで独占的に販売契約を結ぶことになります。両社が結んだ契約は10年間に渡るものです。

 ただし検索市場におけるYahooとMicrosoftを合わせたシェアは、依然としてGoogleのシェアの半分にとどまっています。Yahooの検索技術とトラフィックを獲得したMicrosoftはオンライン事業を好転させ、Googleに打ち勝つことができるでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。読者の皆様のコメントもお待ちしております。


  • 小川浩(@ogawakazuhiro)
    小川浩(@ogawakazuhiro)さん (株式会社リボルバー CEO)
    MSがGoogleとの戦争に打ち勝つための最後の手段として、戦略的には評価する。勝てるかどうかはこれからの問題ではあるけれど。

    Googleと競争して打ち勝つための方法は実はきわめてシンプルである。つまり、Googleよりもユーザーに愛される検索サービスを提供さえすれば良い(優れている必要は必ずしもなく、使われることが大事)。

    MSとGoogleは戦争をしているのであって、いわばこれが赤壁の戦い(レッドクリフ)となる、重要な局面なのである。

    2009-08-02 14:02:54

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]