logo

MSとYahooの提携で検索市場はどうなる?

2009年7月30日 20時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MicrosoftとYahooが7月29日に検索および広告分野における提携を発表しました。MicrosoftはYahooの検索技術ライセンスを取得した上で同社に検索サービス「Bing」を提供します。一方、Yahooは両社の広告主に対し、ワールドワイドで独占的に販売契約を結ぶことになります。両社が結んだ契約は10年間に渡るものです。

 ただし検索市場におけるYahooとMicrosoftを合わせたシェアは、依然としてGoogleのシェアの半分にとどまっています。Yahooの検索技術とトラフィックを獲得したMicrosoftはオンライン事業を好転させ、Googleに打ち勝つことができるでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。読者の皆様のコメントもお待ちしております。


  • 西山圭
    西山圭さん (アサップネットワーク株式会社 代表取締役)
    表向きは検索サービスでのGoogle vs MS/Y!の対決だが、本質は次世代のクラウドコンピューティング市場の覇権争いで、今後20年間のIT市場の行方を決める関ヶ原になる。

    クラウド化された市場の中で最大の競争力を持つには、データセンターのコストと効率が全てを決める。
    こちらの調査にもあるように、データセンターは「規模のデカイ奴が勝つ」わけで
    (リンク »)

    全世界に膨大なコンピューティングリソースを配置する検索エンジンビジネスを回すことは、
    データセンターの巨大化≒低コスト化に大きく貢献することになり、クラウド市場で覇権を取るための必要条件となるのは間違いない。

    懸念点は、Windows技術を基幹に据えざるを得ないMSは、巨大データセンターの運営技術において相当に後れを取っているのではないか?ということ。

    そう考えると、この決戦のキープレイヤーとして、巨大システムの運用実績に強いOracle+Sun連合あたりが
    今後、浮上してくる可能性はあるかもしれない。
    2009-07-31 00:13:30

-PR-企画特集