logo

MSとYahooの提携で検索市場はどうなる?

2009年7月30日 20時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MicrosoftとYahooが7月29日に検索および広告分野における提携を発表しました。MicrosoftはYahooの検索技術ライセンスを取得した上で同社に検索サービス「Bing」を提供します。一方、Yahooは両社の広告主に対し、ワールドワイドで独占的に販売契約を結ぶことになります。両社が結んだ契約は10年間に渡るものです。

 ただし検索市場におけるYahooとMicrosoftを合わせたシェアは、依然としてGoogleのシェアの半分にとどまっています。Yahooの検索技術とトラフィックを獲得したMicrosoftはオンライン事業を好転させ、Googleに打ち勝つことができるでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。読者の皆様のコメントもお待ちしております。


  • 湯川鶴章
    湯川鶴章さん (TechWave編集長)
    なるようになると思う(笑)。
    すみません、気のない返事で・・・。
    ブラウザシェア競争、ICチップシェア競争同様、当事者には重要な話だけど、部外者にとってはどうでもいいような気が・・・。つまり流れは変わらないし、大勢に影響はないと考えてます。
    IT業界の今後を占う上でより重要なのが、facebookやtwitterなどのリアルタイム検索がどのようなものになっていくのかだと個人的には思っています。「例のイベントがもう始まってるみたいだけど、行こうかどうしようか。面白いのかなあ」とか、今起こっていることの情報を的確に拾い出せる検索技術が確立すれば、また一つ違うパラダイムに行けるように思います。
    2009-07-31 09:34:07

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]