Facebookのヒットした機能とハズレた機能--誕生10年を成功と失敗で振り返る - 10/16

James Martin Sarah Mitroff (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年02月11日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Facebookは2010年に、Placesと呼ばれるロケーション発見および共有プラットフォームを導入した。これは地図とロケーションの分野でのGoogleの支配的地位に挑むとともに、Facebookユーザーが自分の現在地や一緒にいる人物(その人々がFacebookの友達であればだが)の情報を発信できるようにするものだった。この情報はFacebookの近況と一緒に表示されるようになっており、Facebookが写真共有サービスで採用しているのと同じタグ付けシステムが使われていた。

 Placesという名前は使われなくなったが、ロケーションベースのサービスは「Nearby」機能に組み込まれ、さらに2013年には「Local Search」機能に統合された。

 Facebookは2010年に、Placesと呼ばれるロケーション発見および共有プラットフォームを導入した。これは地図とロケーションの分野でのGoogleの支配的地位に挑むとともに、Facebookユーザーが自分の現在地や一緒にいる人物(その人々がFacebookの友達であればだが)の情報を発信できるようにするものだった。この情報はFacebookの近況と一緒に表示されるようになっており、Facebookが写真共有サービスで採用しているのと同じタグ付けシステムが使われていた。

 Placesという名前は使われなくなったが、ロケーションベースのサービスは「Nearby」機能に組み込まれ、さらに2013年には「Local Search」機能に統合された。

提供: Facebook

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]