Facebookのヒットした機能とハズレた機能--誕生10年を成功と失敗で振り返る - 4/16

James Martin Sarah Mitroff (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年02月11日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Facebookの強化された検索エンジンが2013年1月に公開されると、大きな注目を集めた。この「Graph Search」は自然言語処理(ユーザーが何を探しているのか、検索に使われた表現に基づいて理解するもの)を利用して、人物や場所、写真、関心のある事項を簡単に探せるようにする機能だ。この機能は「Restaurants in Maui, Hawaii that my friends visited(私の友達が行ったことのある、ハワイのマウイ島にあるレストラン)」という検索のように、いくつかの考えをつなぎ合わせて1つの検索にすることが可能だ。

 Graph Searchは今でも好調で、Facebookのデスクトップサイトの一番上に位置しており、モバイル版も近々登場すると言われている。

 Facebookの強化された検索エンジンが2013年1月に公開されると、大きな注目を集めた。この「Graph Search」は自然言語処理(ユーザーが何を探しているのか、検索に使われた表現に基づいて理解するもの)を利用して、人物や場所、写真、関心のある事項を簡単に探せるようにする機能だ。この機能は「Restaurants in Maui, Hawaii that my friends visited(私の友達が行ったことのある、ハワイのマウイ島にあるレストラン)」という検索のように、いくつかの考えをつなぎ合わせて1つの検索にすることが可能だ。

 Graph Searchは今でも好調で、Facebookのデスクトップサイトの一番上に位置しており、モバイル版も近々登場すると言われている。

提供: Screenshot by Sarah Mitroff/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]