Facebookのヒットした機能とハズレた機能--誕生10年を成功と失敗で振り返る - 2/16

James Martin Sarah Mitroff (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年02月11日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2011年にFacebookは「Messenger」を発表した。これはスタンドアロンのメッセージングアプリで、自分のFacebookの友達とスマートフォンでチャットをするための専用スペースとなるものだ。電子メールやテキスト、またはFacebook経由でメッセージを送れるシンプルなアプリとしてスタートしたMessengerは、テキストメッセージクライアントとFacebookメッセージングの両方の機能を持つものに変化した。

 その後の「Android」向けアプリのバージョンには「Chat Heads」が追加された。これは「Facebook Home」の機能で、新しいメッセージ(テキストメッセージと、ソーシャルネットワークからのメッセージの両方)の着信を、小さなポップアップアラートで通知する。このポップアップアラートはアプリを起動していなくても、スマートフォンを使用していればいつでも表示される。つまりメッセージに素早く返信して、やりかけの作業に戻れるということだ。

 2013年10月に、Messengerは新しいすっきりしたデザインと、使いやすくなった機能によって大幅に刷新された。

 2011年にFacebookは「Messenger」を発表した。これはスタンドアロンのメッセージングアプリで、自分のFacebookの友達とスマートフォンでチャットをするための専用スペースとなるものだ。電子メールやテキスト、またはFacebook経由でメッセージを送れるシンプルなアプリとしてスタートしたMessengerは、テキストメッセージクライアントとFacebookメッセージングの両方の機能を持つものに変化した。

 その後の「Android」向けアプリのバージョンには「Chat Heads」が追加された。これは「Facebook Home」の機能で、新しいメッセージ(テキストメッセージと、ソーシャルネットワークからのメッセージの両方)の着信を、小さなポップアップアラートで通知する。このポップアップアラートはアプリを起動していなくても、スマートフォンを使用していればいつでも表示される。つまりメッセージに素早く返信して、やりかけの作業に戻れるということだ。

 2013年10月に、Messengerは新しいすっきりしたデザインと、使いやすくなった機能によって大幅に刷新された。

提供: Screenshot by Jaymar Cabebe/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]