フォトレポート:米空軍の歴代軍用機--航空博物館の名機が語る空中戦の歴史 - 5/16

文:Daniel Terdiman(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年10月16日 07時45分
 ヒル航空宇宙博物館にある航空機のほとんどは米空軍、もしくは、少なくとも米軍で使われていたものだが、それですべてという訳ではない。

 これは1950年代の旧ソビエト連邦の「MiG-21F」で、乗員1名、「NE-30」30mm機関砲1基と「K-13A」空対空ミサイル2発を搭載して最長1038マイル(約1670km)を航行できた。

 同機の翼幅は23フィート6インチ(約7.2m)で、全長43フィート2インチ(約13.2m)、全高13フィート2インチ(約4m)。最大離陸重量は1万9080ポンド(約8650kg)、最高速度はマッハ2.05だった。

 ヒル航空宇宙博物館にある航空機のほとんどは米空軍、もしくは、少なくとも米軍で使われていたものだが、それですべてという訳ではない。

 これは1950年代の旧ソビエト連邦の「MiG-21F」で、乗員1名、「NE-30」30mm機関砲1基と「K-13A」空対空ミサイル2発を搭載して最長1038マイル(約1670km)を航行できた。

 同機の翼幅は23フィート6インチ(約7.2m)で、全長43フィート2インチ(約13.2m)、全高13フィート2インチ(約4m)。最大離陸重量は1万9080ポンド(約8650kg)、最高速度はマッハ2.05だった。

提供:Daniel Terdiman/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]