フォトレポート:米空軍の歴代軍用機--航空博物館の名機が語る空中戦の歴史 - 11/16

文:Daniel Terdiman(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年10月16日 07時45分
 この「Republic P-47D Thunderbolt」は、パイロット1名が乗り、航続距離は950マイル(約1530km)、最高速度が時速433マイル(時速約697km)であった。50口径機関銃8基のほか、ロケットと爆弾を装備していた。

 同機は第2次世界大戦で最も重要な米空軍戦闘機の1つとされており、大戦中は爆撃機の護衛や対地攻撃に使われた。

 同博物館の案内板によれば、「P-47Dは、1万2500機以上が製造され、Thunderboltの中で最も多く生産され広く使われたモデルとなった。初期のP-47Dは、速度が速く、ロール率も優れていたものの、上昇性能が劣っており、航続距離も短かった。しかし、生産を重ねるうちに、P-47Dは大幅に改良された。上昇率が増加し、機体内の燃料積載量が増え、翼にドロップタンクや爆弾を取り付けることができるようになった」という。

 この「Republic P-47D Thunderbolt」は、パイロット1名が乗り、航続距離は950マイル(約1530km)、最高速度が時速433マイル(時速約697km)であった。50口径機関銃8基のほか、ロケットと爆弾を装備していた。

 同機は第2次世界大戦で最も重要な米空軍戦闘機の1つとされており、大戦中は爆撃機の護衛や対地攻撃に使われた。

 同博物館の案内板によれば、「P-47Dは、1万2500機以上が製造され、Thunderboltの中で最も多く生産され広く使われたモデルとなった。初期のP-47Dは、速度が速く、ロール率も優れていたものの、上昇性能が劣っており、航続距離も短かった。しかし、生産を重ねるうちに、P-47Dは大幅に改良された。上昇率が増加し、機体内の燃料積載量が増え、翼にドロップタンクや爆弾を取り付けることができるようになった」という。

提供:Daniel Terdiman/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]