logo

フォトレポート:米空軍の歴代軍用機--航空博物館の名機が語る空中戦の歴史

文:Daniel Terdiman(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年10月16日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ユタ州オグデン近郊にあるヒル空軍基地のすぐ外にはヒル航空宇宙博物館があり、さまざまな軍用機の歴史的コレクションを見学することができる。

 この写真は「Douglas C-124C Globemaster II」で、1955年に米空軍に納入されたものだ。乗員8名で、4基の「Pratt & Whitney R-4360」エンジンを搭載し、航続距離は2175マイル(約3500km)、価格が164万6000ドルの同機は、デラウェア州ドーバーの米軍航空輸送部第15輸送航空隊に配備された。

 同機の最大離陸重量は21万6000ポンド(約9万8000kg)、全高は48フィート4インチ(約14.7m)、全長は130フィート(約39.6m)だ。

 ユタ州オグデン近郊にあるヒル空軍基地のすぐ外にはヒル航空宇宙博物館があり、さまざまな軍用機の歴史的コレクションを見学することができる。

 この写真は「Douglas C-124C Globemaster II」で、1955年に米空軍に納入されたものだ。乗員8名で、4基の「Pratt & Whitney R-4360」エンジンを搭載し、航続距離は2175マイル(約3500km)、価格が164万6000ドルの同機は、デラウェア州ドーバーの米軍航空輸送部第15輸送航空隊に配備された。

 同機の最大離陸重量は21万6000ポンド(約9万8000kg)、全高は48フィート4インチ(約14.7m)、全長は130フィート(約39.6m)だ。

提供:Daniel Terdiman/CNET

 ユタ州オグデン近郊にあるヒル空軍基地のすぐ外にはヒル航空宇宙博物館があり、さまざまな軍用機の歴史的コレクションを見学することができる。  この写真は「Douglas C-124C Globemaster II」で、1955年に米空軍に納入されたものだ。乗員8名で、4基の「Pratt & Whitney R-4360」エンジンを搭載し、航続距離は2175マイル(約3500km)、価格が164万6000ドルの同機は、デラウェア州ドーバーの米軍航空輸送部第15輸送航空隊に配備された。  同機の最大離陸重量は21万6000ポンド(約9万8000kg)、全高は48フィート4インチ(約14.7m)、全長は130フィート(約39.6m)だ。

-PR-企画特集