フォトレポート:米空軍の歴代軍用機--航空博物館の名機が語る空中戦の歴史 - 3/16

文:Daniel Terdiman(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年10月16日 07時45分
 これは、ヒル航空宇宙博物館に展示されている「T-33A Thunderbird」だ。重量が1万4000ポンド(約6350kg)、最高速度が時速525マイル(時速約845km)のThunderbirdは、同博物館の案内板によれば「プロペラ機の操縦資格を取得済みのパイロットの訓練用に設計された。『F-80』戦闘機をベースに開発され、胴体部分が38.5インチ(約98cm)ほど長くなっている」という。

 6000ポンド(約2720kg)の推力を生み出す「Allison J-33」ターボジェットエンジン1基を搭載した同機は、1948年に初飛行し、1959年まで生産された。合計5691機が生産されている。

 これは、ヒル航空宇宙博物館に展示されている「T-33A Thunderbird」だ。重量が1万4000ポンド(約6350kg)、最高速度が時速525マイル(時速約845km)のThunderbirdは、同博物館の案内板によれば「プロペラ機の操縦資格を取得済みのパイロットの訓練用に設計された。『F-80』戦闘機をベースに開発され、胴体部分が38.5インチ(約98cm)ほど長くなっている」という。

 6000ポンド(約2720kg)の推力を生み出す「Allison J-33」ターボジェットエンジン1基を搭載した同機は、1948年に初飛行し、1959年まで生産された。合計5691機が生産されている。

提供:Daniel Terdiman/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]