logo

フォトレポート:宇宙開発の半世紀を振り返る - 8/16

文:CNET News.com Staff 翻訳校正:緒方亮、藤原聡美、吉武稔夫、大熊あつ子、小林理子、福岡洋一、長谷睦、高森郁哉2007年10月12日 18時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 最初のスペースシャトルは、乗組員を乗せて地球周回軌道への投入と帰還が安全にできることを示すため、1981年4月に打ち上げられた。打ち上げと帰還は無事に行われたため、NASAはスペースシャトル計画を推し進め、1986年にチャレンジャー号の事故が起きるまで、年を追うごとにシャトルの打ち上げ回数は増加していった。打ち上げ直後のチャレンジャー号爆発によって計画は影響を受け、スペースシャトルの打ち上げが2年以上凍結された。登場以来26年にわたって、スペースシャトルは重量のある積荷を宇宙に運ぶ主要な手段であり続けている。現在、ディスカバリー号、アトランティス号、エンデバー号の3機が活躍中だ。計画の開始以来、乗組員およびシャトル本体、装置類に宇宙飛行が与える影響を調査する数多くのテストや、人工衛星の軌道投入、国際宇宙ステーション(ISS)への人員と資材の輸送など、100以上のミッションが実施されている。写真は、ドッキング前にシャトルの耐熱シールドに損傷がないかどうか、ISSの搭乗員が確認できるよう、ランデブー・ピッチ・マヌーバを実行中のエンデバー号。

 最初のスペースシャトルは、乗組員を乗せて地球周回軌道への投入と帰還が安全にできることを示すため、1981年4月に打ち上げられた。打ち上げと帰還は無事に行われたため、NASAはスペースシャトル計画を推し進め、1986年にチャレンジャー号の事故が起きるまで、年を追うごとにシャトルの打ち上げ回数は増加していった。打ち上げ直後のチャレンジャー号爆発によって計画は影響を受け、スペースシャトルの打ち上げが2年以上凍結された。登場以来26年にわたって、スペースシャトルは重量のある積荷を宇宙に運ぶ主要な手段であり続けている。現在、ディスカバリー号、アトランティス号、エンデバー号の3機が活躍中だ。計画の開始以来、乗組員およびシャトル本体、装置類に宇宙飛行が与える影響を調査する数多くのテストや、人工衛星の軌道投入、国際宇宙ステーション(ISS)への人員と資材の輸送など、100以上のミッションが実施されている。写真は、ドッキング前にシャトルの耐熱シールドに損傷がないかどうか、ISSの搭乗員が確認できるよう、ランデブー・ピッチ・マヌーバを実行中のエンデバー号。

提供:NASA

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]