logo

フォトレポート:宇宙開発の半世紀を振り返る - 14/16

文:CNET News.com Staff 翻訳校正:緒方亮、藤原聡美、吉武稔夫、大熊あつ子、小林理子、福岡洋一、長谷睦、高森郁哉2007年10月12日 18時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 画像は、NASAの火星探査プログラムで次の大きな一歩となる着陸機フェニックスを描いた想像図。黒い両翼は電力を供給するためのソーラーパネルだ。フェニックスは2007年8月4日に打ち上げられた。2008年5月25日までに火星に到達する予定だ。フェニックスは火星の極地域で、土壌や(存在すると思われる)氷の中に微小な生物がいないか調査する予定だ。2001マーズオデッセイの周回機が2002年に送ってきた情報に基づき、NASAは火星の北極の地下に氷った水があると考えている。フェニックスの着陸機は、北極地域に対象を絞って調査を行い、ロボットアームで試料となる土壌を採取するとともに、搭載したカメラで地形を撮影する。気象を観測する機器も搭載している。火星に関するNASAの長期計画は4段階に分かれている。まず、火星で生命が発生したことがあるかどうかという問題に結論を出し、次に、火星の気候を把握した後、火星の地質学的特徴を捉える。最後は、有人探査の準備だ。

 画像は、NASAの火星探査プログラムで次の大きな一歩となる着陸機フェニックスを描いた想像図。黒い両翼は電力を供給するためのソーラーパネルだ。フェニックスは2007年8月4日に打ち上げられた。2008年5月25日までに火星に到達する予定だ。フェニックスは火星の極地域で、土壌や(存在すると思われる)氷の中に微小な生物がいないか調査する予定だ。2001マーズオデッセイの周回機が2002年に送ってきた情報に基づき、NASAは火星の北極の地下に氷った水があると考えている。フェニックスの着陸機は、北極地域に対象を絞って調査を行い、ロボットアームで試料となる土壌を採取するとともに、搭載したカメラで地形を撮影する。気象を観測する機器も搭載している。火星に関するNASAの長期計画は4段階に分かれている。まず、火星で生命が発生したことがあるかどうかという問題に結論を出し、次に、火星の気候を把握した後、火星の地質学的特徴を捉える。最後は、有人探査の準備だ。

提供:NASA/JPL/UA/Lockheed Martin

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]