logo

フォトレポート:宇宙開発の半世紀を振り返る - 12/16

文:CNET News.com Staff 翻訳校正:緒方亮、藤原聡美、吉武稔夫、大熊あつ子、小林理子、福岡洋一、長谷睦、高森郁哉2007年10月12日 18時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 スペースシップワンは、宇宙に飛び出した初めての民間企業による有人宇宙船で、設定された期間内に2度宇宙空間に到達し、「Ansari X Prize」の1000万ドルを獲得した。現在はスミソニアン協会の運営する、ワシントンD.C.の国立航空宇宙博物館で、Charles Lindbergh氏のスピリットオブセントルイス号(写真左)やChuck Yeager氏の操縦で初めて音速の壁を破ったベルX-1(写真上、愛称はグラマラスグレニス)など、偉大な記録を打ち立てた仲間とともに展示されている。

 スペースシップワンは、宇宙に飛び出した初めての民間企業による有人宇宙船で、設定された期間内に2度宇宙空間に到達し、「Ansari X Prize」の1000万ドルを獲得した。現在はスミソニアン協会の運営する、ワシントンD.C.の国立航空宇宙博物館で、Charles Lindbergh氏のスピリットオブセントルイス号(写真左)やChuck Yeager氏の操縦で初めて音速の壁を破ったベルX-1(写真上、愛称はグラマラスグレニス)など、偉大な記録を打ち立てた仲間とともに展示されている。

提供:Virgin Galactic

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]