logo

インターネット規制法案をどう読むか?

2008年4月7日 12時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 18歳に満たない者に対してインターネット上の情報への自由なアクセスを規制しようという法案が、自民党と民主党から提出されようとしています。 例えば自民党案は、「健全に育成するために、どんな端末からであろうが18歳に満たない人がインターネットを利用した際に、有害な情報を閲覧できないようにすること」を目的としており、実際に有害情報を閲覧できないように防止する措置や努力は、インターネット業界に携わる事業者やサービス利用者などに課せられるとしています。この法律がそのまま施行されると、インターネットに関わる事業者やユーザーは、どのような影響を受けることになるでしょうか。日本のインターネット産業の今後の発展も踏まえて、パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 早すぎる、というのが第一印象。何が早いのか? は後述。 コンテンツ提供業者とISP・フィルタリングソフト業者に国が規定を加えることで、"フィルタリングの有無を"、"段階的に"、"親が簡単にセレクトできる" という仕組みができるならばよいと思う。 ファミコン世代の人...
  • なんだか、目的と手段が混同されているように感じます。ネットの素人の政治家に任せていては、とんでもない方向に迷走しかねないので、法案が出るまえに、業界で、ネット被害に対する相談窓口をつくったらどうなんでしょうね。 詳しくはブログに書いていますのでそちらをご参照ください。 (リンク »)
  • 僕とか16歳くらいからインターネットやってきたのですが、当時はアングラ情報がたくさんありました。 というわけで、若かった僕はそれが楽しくて、原爆の作り方とか、ピッキング方法の仕方とか、激裏情報に出てきそうな裏技とか、交通事故のもみ消し方とか、青少年の健全な育成を妨害しそうなコンテンツばかりを見ていたわけです。 となると僕みたい...
  • 「いい子に育てたければシェルターで育てろ」を地でいくルール作りですね(笑)。  放送番組なんかみても、僕が子供の頃と較べたら格段と「無難に」なってますが、それは教育上なんらかの効果を得たのでしょうかね。僕自身に子供がいないのでなんともいえませんが、それで「いじめが減った」などという話は聞かれませんね、あくまで一般論として。 ...
  • すでにblogに書いたことでもあるので。 (リンク ») 冗談のわからない人のために補足しておくと、私の立場は 有害な情報などない。有害な行為があるだけだ ということになります。 Dan the Free Blogger
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集