インターネット規制法案をどう読むか?

2008年4月7日 12時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 18歳に満たない者に対してインターネット上の情報への自由なアクセスを規制しようという法案が、自民党と民主党から提出されようとしています。 例えば自民党案は、「健全に育成するために、どんな端末からであろうが18歳に満たない人がインターネットを利用した際に、有害な情報を閲覧できないようにすること」を目的としており、実際に有害情報を閲覧できないように防止する措置や努力は、インターネット業界に携わる事業者やサービス利用者などに課せられるとしています。この法律がそのまま施行されると、インターネットに関わる事業者やユーザーは、どのような影響を受けることになるでしょうか。日本のインターネット産業の今後の発展も踏まえて、パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuya
    クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuyaさん (コンサルタント、経営アドバイザー)
    「議員じゃなければ○○男優」と豪語したり、○○相手に「ぶってぶって」とせがむような議員のいる政党が言う「健全な育成」ですから、おそらくノー○○しゃぶしゃぶに足繁く通う官僚たちをたくさん生み出す効果があるんでしょう。

    そもそも、国家権力や法制度で何とかなると考えているあたり、思春期の子供たちがエロの機会を見つけるのに発揮するパワーを見くびっていますね。そしてそれを適度に発散・解消させるのが健全な育成だとも思います。というわけで、子供たちがんばれ。でも心身の傷は不可逆だから無茶しない程度にね!

    あと、エロ・グロへの適度な接触は、「公と私」の区別という社会通念やビジネスの上で重要な概念を、子供自身が体得する機会だと思います。これを奪った後にゆとり世代ならぬ「健全世代」が生まれるのだとしたら、日本の国際競争力がさらに落ちるように思います。「健全な育成」を声高に叫ばれるウヨな方々って、日本の価値や競争力を貶めていいとでも思ってるんでしょうかね。
    2008-04-07 15:30:35
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加