logo

インターネット規制法案をどう読むか?

2008年4月7日 12時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 18歳に満たない者に対してインターネット上の情報への自由なアクセスを規制しようという法案が、自民党と民主党から提出されようとしています。 例えば自民党案は、「健全に育成するために、どんな端末からであろうが18歳に満たない人がインターネットを利用した際に、有害な情報を閲覧できないようにすること」を目的としており、実際に有害情報を閲覧できないように防止する措置や努力は、インターネット業界に携わる事業者やサービス利用者などに課せられるとしています。この法律がそのまま施行されると、インターネットに関わる事業者やユーザーは、どのような影響を受けることになるでしょうか。日本のインターネット産業の今後の発展も踏まえて、パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 西山圭
    西山圭さん (アサップネットワーク株式会社 代表取締役)
    日本のネット産業は、海外勢に勝つ機会を永久に失います。

    現在でも無修正ポルノは「海外企業&海外サーバ」という建前のもと、日本の法規制を抜けて事実上公認に近い状態ですし、ネットカジノなども同様と聞きます。
    ビデオやらCS放送の例を引くまでもなく、儲かるコンテンツはエロ(とギャンブル)。
    この2つを初期段階の孵化器として、その後すばらしい成長を遂げた企業は枚挙に暇がありません。

    青少年に対するNGを策定するなら、もう一方で成人に対する提供OKのルールについても(風営法などで)規定すべきでしょう。
    過剰規制・魔女狩りを予防しないと、事業者のアングラ化がさらに進展する恐れがあります。

    そもそも、通信過程での規制として
    「18歳に満たない人がインターネットを利用した際に、有害な情報を閲覧できないようにすること」
    と謳うこと自体が、憲法に定める「表現の自由」「通信の秘密」を侵している可能性を感じざるを得ないのですが・・・

    本来なら情報提供者に対してのコントロールや罰則を強化すべきでは。
    規制の目的は同意しますが、手段を誤っているように思います。
    2008-04-07 14:17:27
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集