logo

グーグルとドコモ提携、モバイル業界の行方は

2008年1月28日 11時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2006年のKDDIに引き続き、ついにドコモもGoogleと業務提携を結びました。Googleマップサービスをドコモのiモード端末に標準搭載するほか、検索サービスや検索連動型広告などでも協業することが発表されています。すでにYouTubeはドコモの携帯電話端末から閲覧できるようになっており、今後はPicasa、Gmail、Googleカレンダーもドコモのiモード端末で利用しやすくなるそうです。今回の提携における両社の狙いはどこにあるのでしょうか。また日本で最大シェアを誇るキャリアがGoogleと手を組むことで、モバイル業界にはどのような影響が出るのでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 放送・通信融合の観点からすると、後退はもとより進展もないかと思います。  すでに多くの端末がワンセグを標準搭載していますが、両者を同一画面上に表示するためには一定の制限がありますし、そもそも放送事業者自体がワンセグ+フルブラウザ系サービスの連携を軽視している現状もありますから。「軽視」というより、利用実態を疑っているというのが正しい表...
  • ドコモからすると「Googleの力を借りて、先進的なWebサービスを常にiモード端末に搭載できる」というアウトソーシング的な発想で、Googleからすると「ドコモの力を借りて、日本のケータイという巨大PVを稼ぐ市場で優位に立てる」のが魅力なんだろうなと思います。ところで先にGoogleと接していたのはauだったはずですが…auの出遅れ感が...
  • いまさらという感がする。すでにGoogleは携帯で検索も、Gmailも、地図もモバイルサイトを展開しており、どこのキャリアからも利用できるので、よほど新しい機能が追加され便利にならないと感動が薄いですね。 むしろ話題になるということはそれほど携帯でGoogleが利用されていないということの証かとすら思ってしまいます。 Picasaにつ...
  • Googleはネット上でのユーザの行動を最大限取り込もうという戦略なので、PCよりもよりユーザを特定し、行動を取得しやすい携帯への進出拡大は至極妥当なものです。 ドコモに限らず携帯インフラはより今後インフラ化、すわわち土管化していくのは避けられない展開なので、キャリアは通信インフラへの付加価値の模索は緊急課題であり、自力でコンテンツをカ...
  • 日本の携帯電話業界(キャリア、端末メーカー、コンテンツプロバイダー)のパワーシフトが始まった。10年以上続いてきたキャリア主導型の構図が崩れ去ろうとしている。欧米ではキャリア、端末、コンテンツのパワーバランスが保たれており、特にヨーロッパではキャリアよりむしろ端末メーカーが強い。 1998年KDDIがドコモとは違う通信方式、第2.5...
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集