logo

グーグルとドコモ提携、モバイル業界の行方は

2008年1月28日 11時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2006年のKDDIに引き続き、ついにドコモもGoogleと業務提携を結びました。Googleマップサービスをドコモのiモード端末に標準搭載するほか、検索サービスや検索連動型広告などでも協業することが発表されています。すでにYouTubeはドコモの携帯電話端末から閲覧できるようになっており、今後はPicasa、Gmail、Googleカレンダーもドコモのiモード端末で利用しやすくなるそうです。今回の提携における両社の狙いはどこにあるのでしょうか。また日本で最大シェアを誇るキャリアがGoogleと手を組むことで、モバイル業界にはどのような影響が出るのでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 山崎徳之
    山崎徳之さん (株式会社ゼロスタートコミュニケーションズ 代表取締役社長)
    Googleはネット上でのユーザの行動を最大限取り込もうという戦略なので、PCよりもよりユーザを特定し、行動を取得しやすい携帯への進出拡大は至極妥当なものです。
    ドコモに限らず携帯インフラはより今後インフラ化、すわわち土管化していくのは避けられない展開なので、キャリアは通信インフラへの付加価値の模索は緊急課題であり、自力でコンテンツをカバー、提供していく手法に限界が見えてきている現状では提携を拡大していくしかありません。
    提携しなくても携帯ユーザはGoogleなどのサービスは使うのだから、提携しておくに越したことはないといえます
    2008-01-28 09:58:47
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集