logo

グーグルとドコモ提携、モバイル業界の行方は

2008年1月28日 11時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2006年のKDDIに引き続き、ついにドコモもGoogleと業務提携を結びました。Googleマップサービスをドコモのiモード端末に標準搭載するほか、検索サービスや検索連動型広告などでも協業することが発表されています。すでにYouTubeはドコモの携帯電話端末から閲覧できるようになっており、今後はPicasa、Gmail、Googleカレンダーもドコモのiモード端末で利用しやすくなるそうです。今回の提携における両社の狙いはどこにあるのでしょうか。また日本で最大シェアを誇るキャリアがGoogleと手を組むことで、モバイル業界にはどのような影響が出るのでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 小川浩(@ogawakazuhiro)
    小川浩(@ogawakazuhiro)さん (株式会社リボルバー CEO)
    パンドラの箱を開けてしまったのかな。
    日本のケータイはガラパゴス諸島に生息する特殊な生態系と同じです。かつてはオーストラリアもそうだったけど、白人とともに犬が入ってきて、一気に変わってしまった。
    Googleとの提携は、歓迎すべき変化だけど、多くの日本のケータイ上のサービサーにとっては辛くて厳しい現実をもつれてくると思う。

    とはいえ、キャリア主導のモバイルネットはISPやパソコンメーカー主導だった10年前のネット事情と同じ。それが変わりつつあるのはやはり、いいことだ。あとは、自分たちがその変化についていくかどうかの覚悟を決めればいいことだし。
    2008-01-26 12:21:37
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集