グーグルとドコモ提携、モバイル業界の行方は

2008年1月28日 11時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2006年のKDDIに引き続き、ついにドコモもGoogleと業務提携を結びました。Googleマップサービスをドコモのiモード端末に標準搭載するほか、検索サービスや検索連動型広告などでも協業することが発表されています。すでにYouTubeはドコモの携帯電話端末から閲覧できるようになっており、今後はPicasa、Gmail、Googleカレンダーもドコモのiモード端末で利用しやすくなるそうです。今回の提携における両社の狙いはどこにあるのでしょうか。また日本で最大シェアを誇るキャリアがGoogleと手を組むことで、モバイル業界にはどのような影響が出るのでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 高瀬徹朗
    高瀬徹朗さん (放送ジャーナリスト)
    放送・通信融合の観点からすると、後退はもとより進展もないかと思います。
     すでに多くの端末がワンセグを標準搭載していますが、両者を同一画面上に表示するためには一定の制限がありますし、そもそも放送事業者自体がワンセグ+フルブラウザ系サービスの連携を軽視している現状もありますから。「軽視」というより、利用実態を疑っているというのが正しい表現かもしれません。
     YouTubeはじめ勝手系サイトへの嫌悪感から関係悪化も考えられなくもありませんが、利用実態そのものを疑っている現状がある限り、さして大きなリアクションは起きないかと。
     まずは「どの程度利用されるのか」が当面の鍵になるのではないでしょうか。
     
    2008-01-30 17:56:52
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加