グーグルとドコモ提携、モバイル業界の行方は

2008年1月28日 11時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2006年のKDDIに引き続き、ついにドコモもGoogleと業務提携を結びました。Googleマップサービスをドコモのiモード端末に標準搭載するほか、検索サービスや検索連動型広告などでも協業することが発表されています。すでにYouTubeはドコモの携帯電話端末から閲覧できるようになっており、今後はPicasa、Gmail、Googleカレンダーもドコモのiモード端末で利用しやすくなるそうです。今回の提携における両社の狙いはどこにあるのでしょうか。また日本で最大シェアを誇るキャリアがGoogleと手を組むことで、モバイル業界にはどのような影響が出るのでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuya
    クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuyaさん (コンサルタント、経営アドバイザー)
    モバゲーの開発にドコモの開発リソースが投入されているように、Googleのサービス開発にドコモが積極関与していくのだとしたら、興味深いですね。特にドコモも参画したOHA(Android)への波及も視野に入れると、かつての海外投資の失敗に対するリターンマッチとなりそうです( (リンク ») )。

    ただまあ、リンク先の記事にもあるように、D2Cが提携の中に入っていることから、当面は各社の既存アセットを使った目先のビジネス開発に留まるような気がします。だとすると、キーワード検索とケータイがあまり調和しない以上、影響も限定的かと思います。

    あとGoogle側の視点としては、特に日本市場では彼らが結局そんなにポジションを取れていないという現実があるので、しばらくは「やれることをやってポジションを作りながら機会をうかがう」という様子見的なニュアンスが強いのかな、と思っています。
    2008-01-26 16:17:02
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加