logo

グーグルとドコモ提携、モバイル業界の行方は

2008年1月28日 11時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2006年のKDDIに引き続き、ついにドコモもGoogleと業務提携を結びました。Googleマップサービスをドコモのiモード端末に標準搭載するほか、検索サービスや検索連動型広告などでも協業することが発表されています。すでにYouTubeはドコモの携帯電話端末から閲覧できるようになっており、今後はPicasa、Gmail、Googleカレンダーもドコモのiモード端末で利用しやすくなるそうです。今回の提携における両社の狙いはどこにあるのでしょうか。また日本で最大シェアを誇るキャリアがGoogleと手を組むことで、モバイル業界にはどのような影響が出るのでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 大西宏
    大西宏さん (マーケティング・コンサルタント)
    いまさらという感がする。すでにGoogleは携帯で検索も、Gmailも、地図もモバイルサイトを展開しており、どこのキャリアからも利用できるので、よほど新しい機能が追加され便利にならないと感動が薄いですね。
    むしろ話題になるということはそれほど携帯でGoogleが利用されていないということの証かとすら思ってしまいます。
    Picasaについては、パケット代が気になるので写真SNSは携帯では利用していないけれど、すでにその種のサービスはいくらでもあり、さらにYoutubeも、「MyTubeモバイル」を利用すれば動画を携帯用に転換してくれるので、現在発表されているどれをとっても、すでにどこのキャリアからでも利用できるものばかりです。
    まあドコモの画面のデフォルトになればGoogleの利用はアップするだろうけれど画期的とはおもえません。もっと将来的には機能的にも充実してくるのでしょうか。
    PanasonicがGoogleと提携し、インターネット対抗テレビで提携し北米で発売を開始するというニュースがあったけれど、GoogleがPCからもっと幅広いメディアに広げたいのはよく分かります。ドコモはパケット料を稼ぎたいということでしょうが、なにか特別なことが起こるとは到底思えません。

    2008-01-28 14:43:02
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集