logo

WWDC 2019で最も注目を集めた新機能は?--Appleニュース一気読み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月3日から開催されたWWDC 2019は、開発者にとって非常に満足度の高いイベントだった。主要な発表内容をキーワードでまとめていこう。

  • iOS 13:アプリ起動の高速化のほか、新たにダークモードを搭載。
  • iPadOS 13:iOS 13とほとんどの部分を共通化するが、iPad向けの機能として、USBやSDカードなどの外部ストレージへのアクセス許可、マウスサポート、Macのサブディスプレイとして動作するSidecarなどの機能をサポート。
  • watchOS 6:App Storeを用意し、Apple Watch単体でのアプリダウンロードに対応。周囲の騒音の大きさを検出する聴覚機能や、女性の月経の周期を記録する機能といった、新たな健康機能を搭載。文字盤も5種類追加。
  • macOS Catalina:アプリとしてのiTunesが解体され、Music、Podcast、Apple TVの3つの新たなアプリが登場。iPadを拡張デスクトップとして利用できるSidecar、iPadアプリとMacアプリを共通のコードでビルドできるProject Catalyst。
  • tvOS 13:マルチプロファイルに対応し、「次はこちら」を家族ごとに表示可能。XBOX、PlayStationのコントローラー使用可能。Sign In with Apple:GoogleやFacebookなどのソーシャルログインをプライバシー上の問題から名指しで非難し、トークン的なメールアドレスを自動生成し瞬時にアカウント作成やログインを実現する新たなログインボタンを提案。
  • Find My:友人の位置情報共有と、iPhoneを探す機能を統合したアプリ。Bluetooth対応のApple製品の位置情報を調べる機能を追加しており、自分以外のインターネットに接続されるApple製品を用いた位置情報検索を、エンドtoエンド暗号化で実現。
  • AR Kit 3:新たに人の検出とモーショントラッキングに対応。また写真のようにリアルなレンダリングや環境マッピング、カメラエフェクトに対応するRalityKitと、非デザイナーでも簡単にAR環境をデザインできるReality Composerを新たに追加。
  • SwiftUI:ユーザーインターフェースを直観的に使える新しいUIフレームワーク。iPhone/iPadだけでなく、Apple Watch、Apple TV、Mac向けのアプリにも利用できる。
  • Mac Pro:2013年以来やっとアップデートされたMac最高峰となるワークステーション。最大28コアのIntel Xeonプロセッサと、最大4GPUを搭載できるMPXモジュールによる拡張を実現し、極めて静かな筐体と十分な冷却性能を実現しているケースが付属。
  • ProDisplay XDR:久々となるAppleブランドのディスプレイ。本体4999ドル、スタンド999ドルという価格ながら、価格が7倍を超えるソニーのリファレンスディスプレイに引けを取らない画質を、最大350ニトに留まる同価格のEIZOディスプレイと同じ価格で実現している、唯一無二の製品となった。

アップル「攻め」の方策

 今回の発表会では、プラットホームの要とも言えるiOSすら、非常に駆け足で紹介され、iPadOSとMacに時間を割く構成が印象的だった。

 発表当日話題を集めていたのは、Sign In with Apple。Appleはこれまで、プライバシー問題について、OSやアプリでの個人情報活用を「守る」方策を整えてきた。しかし今回の新しいログインツールは、他のサービスを使う必要がなくなるようにする「攻め」の方策と言える。

アップル、「iOS 13」を発表--ダークモードを搭載、マップやカメラの強化も(6/4)
「Apple TV」、「PS4」と「Xbox One」のコントローラーに対応へ(6/4)
アップルの「ARKit」が進化、モーションキャプチャーなどが可能に(6/4)
アップル、watchOS 6発表--App Store登場でアプリをインストール可能、ヘルスケア機能も強化(6/4)
iPadに最適化した「iPadOS」発表--マルチタスク強化、Macのペンタブとして利用可能に(6/4)
iTunesは廃止へ、機能は3つのアプリに分割--アップル、macOS Catalinaを発表(6/4)
新型「Mac Pro」発表--デザイン大幅刷新、Xeon28コア、メモリ1.5TBのモンスターマシン(6/4)
もう新型「Mac Pro」到着?--いいえ、これARなんです(6/4)
アップル、一部ペアレンタルコントロールアプリの制限を撤回--批判を受け(6/5)
アップルが発表した10万円超のモニタースタンド、驚きや怒りの声がネットで続々(6/5)
「アップルはプライバシー保護を進めている」--クックCEO(6/5)
「Sign In with Apple」、サードパーティーログイン採用の全アプリに義務化へ(6/5)
「iPad」を一般向けの最高のコンピューターに--アップルが専用OSを発表した狙い(6/7)

その他

アプリ開発者ら、「App Store」の慣行めぐりアップルを提訴(6/5)
ニューヨークの「iPhone」窃盗団を逮捕--被害総額は20億円以上(6/6)
アップルのクックCEOも「iPhone」使い過ぎを自覚--独自ルールを明かす(6/7)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]