logo

アップル、「iOS 13」を発表--ダークモードを搭載、マップやカメラの強化も

西中悠基 (編集部)2019年06月04日 04時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは6月4日、カリフォルニア州サンノゼで開催中の年次開発者会議「Worldwide Developers Conference」(WWDC)で、新OS「iOS 13」を発表した。

 iOS 13では、Face iDのアンロック速度が30%高速化。ダウンロードパッケージは50%容量が少なくなり、アプリの起動は倍の速度になった。また、ダークモードを搭載。ダークモード専用のキーボードも搭載する。キーボードはスワイプでの入力が可能となる。音楽再生時には、曲に同期して歌詞を表示する機能を搭載する。

iOS 13のダークモード
iOS 13のダークモード
曲に同期して歌詞を表示
曲に同期して歌詞を表示

 マップアプリも強化する。3DのHD画像を表示する「ルックアラウンド機能」を搭載。高精細な画像をスムーズに表示できる。また、中国の交差点情報も搭載。このマップは2019年末までに米国で公開する。

ルックアラウンド機能
ルックアラウンド機能

 Appleでは、位置情報を含むプライバシーは基本的人権だとする。iOS13では、一度アプリで位置情報の共有を許可しても、次回またアプリを起動した際に許可を求める機能を搭載した。

 Appleアカウントで各種サービスにログインできる機能「Sign in with Apple」を導入。個人情報を一切明かさないログインが可能となる。また、アプリごとにランダムなメールアドレスを生成し、メールアドレスを隠したログインも可能に。いずれかのランダムアドレスを無効とすることもできる。

Appleアカウントで各種サービスへのログインが可能に
Appleアカウントで各種サービスへのログインが可能に

 カメラでは、写真をタップで簡単に編集できる。また、動画の縦横の向き変更や、フィルタの追加も可能となる。さらに機械学習により、重複した写真を自動的に隠してベストな写真を選び、1日ごとのダイアリーを作ることができるようになる。

機械学習でダイアリーを作成できる
機械学習でダイアリーを作成できる

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]