logo

新型「Mac Pro」発表--デザイン大幅刷新、Xeon28コア、メモリ1.5TBのモンスターマシン

山川晶之 (編集部)2019年06月04日 04時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルは6月4日、ハイエンドモデルに位置する新型「Mac Pro」を発表した。価格は8コアのIntel Xeonプロセッサモデルで5999ドル。2019年秋ごろに発売予定だ。

キャプション
新型「MacPro」と32インチ6Kモニタ「Pro Display XDR」

 筐体デザインを刷新し、円筒状のデザインから再びタワー型ボディに回帰した。ハッチを回すだけで内部に簡単にアクセスでき、メモリや各種パーツの交換が可能。前面パネルには多数の穴が空いており、3つの強力なファンを搭載することでエアフローを大幅に改善。モンスタースペックを搭載しながらiMac Proと同等の静音性を実現したという。

キャプション
内部にはハッチを回すだけでアクセス可能

 CPUは、最小構成で8コアのIntel Xeonプロセッサを搭載。最大28コアのIntel Xeonプロセッサも搭載可能だ。メモリは6チャネルに対応し、最大1.5TBをサポート。PCI Expressは8スロット、Thunderbolt 3ポート×2、USB-Aポート×2、3.5mmオーディオジャック、10Gbpsイーサネット端子を内蔵する。電源は1.4KWを搭載。オプションで移動のためのキャスターを取り付けることも可能だ。

キャプション
キャスターを取り付けることも可能だ

 GPUは、Radeon Pro Vega II(32GB)を搭載。オプションで、Radeon Pro Vega II Duo(64GB)も選択できる。グラフィックスカードは、Thunderboltと500W以上の電源を内蔵したApple MPXモジュールで拡張する。Duoを2枚搭載することもでき、最大56TFLOPSの演算処理を内蔵できるという。カードは、Infiniti Fab Linkで接続される。

キャプション
「Radeon Pro Vega II」を搭載。GPUを2基搭載した「Radeon Pro Vega II Duo」が選べるほか、それを2枚搭載することも可能

 さらに、1秒間に63億ピクセルを処理できるアクセラレータカード「Apple Afterburner」を搭載することでProRes RAWの8K動画を3ストリーム同時再生できるほか、4K動画であれば12ストリームの同時再生が可能だ。また、Unity、Unreal、Adobe、Avid、Otoy、RED、BlackMagic Designなどが対応を表明している。

 アップルでは、あわせて6Kモニタ「Pro Display XDR」を発表。MacProだと最大6枚まで同時表示可能だ。

キャプション
ミニマム構成で5999ドルから

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]