logo

「アップルはプライバシー保護を進めている」--クックCEO

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2019年06月05日 12時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの最高経営責任者(CEO)Tim Cook氏は、プライバシーをめぐって競合するテクノロジー企業に挑もうとしているのではなく、また一部で指摘されていたようにプライバシーを「手の届かない高価なもの」にするつもりもないと述べた。

Apple CEO Tim Cook
提供:CBS News

 Cook氏は、新しい認証オプション「Sign In with Apple」の発表から数時間後、Appleのプライバシーをめぐるこの動きについて、ユーザーデータの取り扱いを誤って批判を浴びているFacebookやGoogleを当惑させる狙いがあるのではないかとする見方を退けた。

 Appleは米国時間6月3日、「Worldwide Developers Conference(WWDC)2019」でSign In with Appleを発表した。同社は、FacebookやGoogleのアカウントを利用するログインに言及し、オンラインのユーザーを追跡すると述べたが、Sign In with Appleはそのような問題を解決するソリューションだと説明した。

 Cook氏は、CBS NewsのNorah O'Donnell氏によるインタビューで次のように述べた。「われわれは誰かを狙い撃ちにしているわけではない。ユーザーに焦点を当てている。そしてユーザーは、監視されることなくウェブの多くのサービスを横断して利用できる機能を求めている」

 「われわれは、プライバシーの保護を前進させている。これはユーザーからのリクエストとして非常に妥当だと私は思う」(Cook氏)

 Cook氏はまた、プライバシーや、プライバシーの欠如に内在するリスクに気づくユーザーが増えているとも語った。

 Cook氏はCBS Newsに対し、次のように述べた。「これはわが国にとって良いことではない。誰もがプライバシーなどないと考えるようになる状況は想像できるはずだ。プライバシーがなければ、表現の自由は弱まるしかない」

 (情報開示:CBS Newsは米CNETの親会社であるCBSの子会社だ)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]