logo

アプリ開発者ら、「App Store」の慣行めぐりアップルを提訴

Oscar Gonzalez (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年06月05日 09時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleがデザイナーやエンジニアを対象に毎年開催する開発者会議「WWDC」がまさに開催されている最中だが、一部の「iOS」アプリ開発者は同社の「App Store」のポリシーに不満を感じている。

App Storeのロゴ
提供:picture alliance

 カリフォルニア州を拠点とする開発者のDonald R. Cameron氏とPure Sweat Basketballは、カリフォルニア州北部地区米地方裁判所でAppleを提訴した。30%の手数料、最低価格の義務付け、開発者に対する99ドル(日本では1万1800円)の年間登録料など、App Storeにおける同社の慣行が独占禁止法に違反すると主張しており、集団訴訟としての取り扱いを求めている。

 「Appleは市場での権力を露骨に利用して、iOSアプリを同社のプラットフォームのみで販売するように強要することにより、開発者に損害を与えている」と、Hagens Bermanのマネージングパートナーで原告を代表する弁護士のSteve Berman氏は述べた。

 Appleは現時点までに、コメントの要請に対して返答していない。同社はこれまで、App Storeの支配力を利用して競合相手の製品を妨害しているとの主張を退けてきた。5月にはApp Storeの解説ページを立ち上げ、Appleがどのように「競争を歓迎するストア」を運営しているかを掲載している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]