logo

2014年海外スマートホームの話題を振り返る--大型買収、アップル参入、スマートロックなど - 9/21

Rich Brown (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎2014年12月31日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Appleの参入

 スマートホームを消費者に理解しやすいものにしたのは、開発ツールキットの存在かもしれない。現状では、本当のスマートホームを持つということは、異なるアプリを利用でき、さまざまなデバイスのタイマーや動作をプログラムできる枠組みがあることを意味する。Appleの「HomeKit」は、スマートホームデバイスメーカーが、デバイスのコントロールを直接「iOS」に接続できるようにすると言われている。これには、「Siri」も含まれる。

 理論的には、これでiOSデバイスを音声操作可能なスマートホームのハブとして使えるようになる。

関連記事:アップル、「iOS 8 SDK」をリリース--多数の新APIを追加

Appleの参入

 スマートホームを消費者に理解しやすいものにしたのは、開発ツールキットの存在かもしれない。現状では、本当のスマートホームを持つということは、異なるアプリを利用でき、さまざまなデバイスのタイマーや動作をプログラムできる枠組みがあることを意味する。Appleの「HomeKit」は、スマートホームデバイスメーカーが、デバイスのコントロールを直接「iOS」に接続できるようにすると言われている。これには、「Siri」も含まれる。

 理論的には、これでiOSデバイスを音声操作可能なスマートホームのハブとして使えるようになる。

関連記事:アップル、「iOS 8 SDK」をリリース--多数の新APIを追加

提供:Lynn La/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]