logo

2014年海外スマートホームの話題を振り返る--大型買収、アップル参入、スマートロックなど - 14/21

Rich Brown (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎2014年12月31日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スマートホーム業界の再編

 2014年に行われた3つの大型買収によって、スマートホーム業界は再編が進んだ。

 Nest Labsは2つの手を打ち、防犯用ウェブカメラメーカーのDropCamと、より堅牢なスマートホームハブに取り組んでいる企業であるRevolvを買収した。DropCamの買収により、Nestは市場でもっとも高品質な防犯カメラを手に入れた。同社が最高品質のスマートホームアクセサリーメーカーを目指しているのであれば、間違いなく正しい道に進んでいると言える。一方、Revolvの買収で重要なのはエンジニアだった。NestはRevolvが扱っていたハードウェアの販売は継続しないが、そのハブを開発したチームを迎えることによって、より多くの接続オプションを追求できる人材をそろえることができると述べている。このハブは、もっとも多くのスマートホームプロトコルをサポートしていた。

 サムスンのSmartThings戦略ははっきりしない。SmartThingsの買収によって、サムスンは間違いなくもっとも革新的なスマートホームハブを手中に収める。同社はすでに、SmartThingsを大型スマート家電のコントロールポイントとして使用している。しかし、SmartThingsの最高経営責任者(CEO)であるAlex Hawkinson氏は、同社のプラットフォームは今後もオープンだと約束しているため、サムスンがこれを利用して自社専用のスマートホームブランドを立ち上げる可能性は小さいように見える。筆者は個人的に、サムスンが同社の大型家電と、ほかのスマートデバイスの間にどれだけの連携を許すかということに強い関心を持っている。家電メーカーは伝統的に、安全性を理由として、大型家電をほかのデバイスと接続させないようにしてきた。しかし、地下室の乾燥機が止まったら上の階の照明を点滅させるようなことが可能になれば、消費者も魅力を感じるかもしれない。

スマートホーム業界の再編

 2014年に行われた3つの大型買収によって、スマートホーム業界は再編が進んだ。

 Nest Labsは2つの手を打ち、防犯用ウェブカメラメーカーのDropCamと、より堅牢なスマートホームハブに取り組んでいる企業であるRevolvを買収した。DropCamの買収により、Nestは市場でもっとも高品質な防犯カメラを手に入れた。同社が最高品質のスマートホームアクセサリーメーカーを目指しているのであれば、間違いなく正しい道に進んでいると言える。一方、Revolvの買収で重要なのはエンジニアだった。NestはRevolvが扱っていたハードウェアの販売は継続しないが、そのハブを開発したチームを迎えることによって、より多くの接続オプションを追求できる人材をそろえることができると述べている。このハブは、もっとも多くのスマートホームプロトコルをサポートしていた。

 サムスンのSmartThings戦略ははっきりしない。SmartThingsの買収によって、サムスンは間違いなくもっとも革新的なスマートホームハブを手中に収める。同社はすでに、SmartThingsを大型スマート家電のコントロールポイントとして使用している。しかし、SmartThingsの最高経営責任者(CEO)であるAlex Hawkinson氏は、同社のプラットフォームは今後もオープンだと約束しているため、サムスンがこれを利用して自社専用のスマートホームブランドを立ち上げる可能性は小さいように見える。筆者は個人的に、サムスンが同社の大型家電と、ほかのスマートデバイスの間にどれだけの連携を許すかということに強い関心を持っている。家電メーカーは伝統的に、安全性を理由として、大型家電をほかのデバイスと接続させないようにしてきた。しかし、地下室の乾燥機が止まったら上の階の照明を点滅させるようなことが可能になれば、消費者も魅力を感じるかもしれない。

提供:Sarah Tew/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]