logo
電子書籍ビジネスの真相

面白すぎるKDP自己出版本の世界--とあるKindleの禁書目録 - 2/20

林 智彦(朝日新聞社デジタル本部)2013年07月31日 10時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
斬新過ぎる! 「本」の概念を覆す「変わりダネ」編
 トップバッターは、「中二病の妄想をそのまま出版した」と評判の、『架空の歴史ノート』だ。本書については、著者の設楽陸さんのインタビューをブック・アサヒ・コムに掲載したので、詳しくはそちらを参照してほしい。インタビューの時点では第一巻しか発売されていなかったが、その後、続刊も刊行されている。

 「ノートをそのままスキャンして出版」。しかもそれが「アート」として見て読んで楽しめるクオリティを持っている、というのは、07年からサービスを提供しているアメリカのKDPでも、筆者の知る限りなかった事例である。

 これで驚くのはまだ早い。「これって、『本』と呼んでいいの?」と思わず叫びたくなるコンテンツも、KDPでは増えている。

斬新過ぎる! 「本」の概念を覆す「変わりダネ」編


 トップバッターは、「中二病の妄想をそのまま出版した」と評判の、『架空の歴史ノート』だ。本書については、著者の設楽陸さんのインタビューをブック・アサヒ・コムに掲載したので、詳しくはそちらを参照してほしい。インタビューの時点では第一巻しか発売されていなかったが、その後、続刊も刊行されている。

 「ノートをそのままスキャンして出版」。しかもそれが「アート」として見て読んで楽しめるクオリティを持っている、というのは、07年からサービスを提供しているアメリカのKDPでも、筆者の知る限りなかった事例である。

 これで驚くのはまだ早い。「これって、『本』と呼んでいいの?」と思わず叫びたくなるコンテンツも、KDPでは増えている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]