logo

ハーシェル宇宙望遠鏡が撮影した宇宙の姿 - 7/9

Charles Cooper (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年05月03日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Herschel宇宙望遠鏡が打ち上げられるまで、科学者がこの銀河の領域を通常の望遠鏡で観察しても、黒く見えるだけだった。地球から数千光年離れたところにあるこの領域は、南十字星と呼ばれており、みなみじゅうじ座の一部だ。あなたの目が赤外線を認識できたら、この素晴らしい画像と同じものが見えるだろう。この領域での乱流を監視している天文学者は、そうした乱流はこのような暗い星雲の内部で多くの未知の活動が起こっているしるしだと考えている。
Scroll Right Scroll Left

 Herschel宇宙望遠鏡が打ち上げられるまで、科学者がこの銀河の領域を通常の望遠鏡で観察しても、黒く見えるだけだった。地球から数千光年離れたところにあるこの領域は、南十字星と呼ばれており、みなみじゅうじ座の一部だ。あなたの目が赤外線を認識できたら、この素晴らしい画像と同じものが見えるだろう。この領域での乱流を監視している天文学者は、そうした乱流はこのような暗い星雲の内部で多くの未知の活動が起こっているしるしだと考えている。

提供:ESA and the SPIRE & PACS consortium

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]