logo

ハーシェル宇宙望遠鏡が撮影した宇宙の姿 - 5/9

Charles Cooper (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年05月03日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 われわれの銀河系にはどのくらいの量のちりがあるのだろうか。その疑問は(ほかの多くの疑問とともに)、「Herschel infrared Galactic Plane Survey」(Hi-GAL)という正式名称で知られる赤外線波長での銀河観測によって、最終的な結論が出るかもしれない。
Scroll Right Scroll Left

 われわれの銀河系にはどのくらいの量のちりがあるのだろうか。その疑問は(ほかの多くの疑問とともに)、「Herschel infrared Galactic Plane Survey」(Hi-GAL)という正式名称で知られる赤外線波長での銀河観測によって、最終的な結論が出るかもしれない。

提供:ESA/PACS & SPIRE Consortium、Sergio Molinari、Hi-GAL Project

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]