logo

ハーシェル宇宙望遠鏡が撮影した宇宙の姿 - 2/9

Charles Cooper (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年05月03日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2009年5月14日に打ち上げられたHerschel宇宙望遠鏡は、これまで宇宙へと運ばれたものでは最大で最高性能の赤外線望遠鏡を搭載している。この望遠鏡は主鏡口径が3.5mあり、遠赤外波長からサブミリメートル波長まで、スペクトルの全波長帯を記録できるため、地球の科学者は、これまで見ることのできなかった領域を研究できるようになった。
Scroll Right Scroll Left

 2009年5月14日に打ち上げられたHerschel宇宙望遠鏡は、これまで宇宙へと運ばれたものでは最大で最高性能の赤外線望遠鏡を搭載している。この望遠鏡は主鏡口径が3.5mあり、遠赤外波長からサブミリメートル波長まで、スペクトルの全波長帯を記録できるため、地球の科学者は、これまで見ることのできなかった領域を研究できるようになった。

提供:ESA

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]