logo

ハーシェル宇宙望遠鏡が撮影した宇宙の姿 - 8/9

Charles Cooper (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年05月03日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 約2300万光年の距離にある「子持ち銀河」(天文学者には「M51」として知られている)は、りょうけん座に位置しており、その中には星形成の様子が見える。この銀河は実際には、1773年にCharles Messierがカタログに記載したことで、初めて歴史に登場している。しかしMessierは比較的性能の劣る望遠鏡で観測をしており、この銀河についてはほとんど分かっていなかった。天文学者たちは1845年に、アイルランドのビル城にある口径72インチ(約1.8m)の望遠鏡を使った観測で、この銀河に渦巻構造があることに初めて気づいた。
Scroll Right Scroll Left

 約2300万光年の距離にある「子持ち銀河」(天文学者には「M51」として知られている)は、りょうけん座に位置しており、その中には星形成の様子が見える。この銀河は実際には、1773年にCharles Messierがカタログに記載したことで、初めて歴史に登場している。しかしMessierは比較的性能の劣る望遠鏡で観測をしており、この銀河についてはほとんど分かっていなかった。天文学者たちは1845年に、アイルランドのビル城にある口径72インチ(約1.8m)の望遠鏡を使った観測で、この銀河に渦巻構造があることに初めて気づいた。

提供:ESA and the PACS consortium

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]