iPadをどう見る?

2010年1月28日 10時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが1月28日にタブレット型コンピュータ「iPad」を発表しました。9.7インチのマルチタッチディスプレイを搭載した、巨大なiPhoneのような製品です。価格は16Gバイトが499ドルからで3G搭載モデルも用意されます。

 SafariやGoogle Maps、YouTube、メール、iPod機能などを広い画面で扱えるほか、ほとんどのiPhone/iPod touch向けアプリが利用できます。さらにiPad用に改良された新版iWorkや、iPadに書籍を直接ダウンロードできる電子書籍ストア「iBookstore」も提供される予定です。

 iPodやiPhoneはユーザーのデジタル体験を変えてきました。2010年、iPadの登場によって何が変わるでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。読者の皆様もぜひコメント欄でご参加ください。


  • 周りからの声を聞くとあまり良い評価は聞こえてこない。でもこのような評価と実際の売れ行きが必ず一緒に行くとは思わない。端的な例がiPhoneである。iPhoneは実際の発売までに6ヶ月前だった2007年1月9日に発表された。当初はiPhoneに対する評価は冷たかった。iPhoneの販売が実際に伸びたのもアプリの数が結構増えてからだった。個人...
  • iPadはタブレット型PCではなくタブレット型メディアというとらえ方をしたほうがその本質が見えてくると思う。 ただ日本ではレガシージャパンからメディアコンテンツが解放されていないので、タブレット型メディアとしての実力を発揮できそうにない。と、書いてもうまく説明できないので、ブログに書こうかなあ。 (リンク »)
  • まだ第一弾にすぎない。デバイスとして優れていても普及しない。いろいろできたとしても、それができるデバイスはすでにある。ストアで何が提供できるかの第二弾のサプライズがあるかどうかに焦点があたってくると思う。 詳細はブログでまとめたのでそちらへ。 (リンク »)
  • 独自CPU開発という話題に誰も触れていないようなので、触れておきます。tweetしましたが( (リンク ») )、今回そこが最大の注目点じゃないかと。 セミコンのスケールメリットの原則に照らせば、今後彼らが派生領域も狙っていくという、結構重大な決意表明ですよね、これ。 というわけで、どこに行くんでしょうね。家電かなあ…。
  • すでにblogに書いたのでまずはリンク。 (リンク ») あれは「手がない」とピンとこないモノ。だから本当はまだ触っていない今の段階では「こうだ」とは言えない。のだけれども、触っている人たちを見る限り、「これでいいのだ」と思える出来。 Dan the Owner-to-be
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加