logo

iPadをどう見る?

2010年1月28日 10時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが1月28日にタブレット型コンピュータ「iPad」を発表しました。9.7インチのマルチタッチディスプレイを搭載した、巨大なiPhoneのような製品です。価格は16Gバイトが499ドルからで3G搭載モデルも用意されます。

 SafariやGoogle Maps、YouTube、メール、iPod機能などを広い画面で扱えるほか、ほとんどのiPhone/iPod touch向けアプリが利用できます。さらにiPad用に改良された新版iWorkや、iPadに書籍を直接ダウンロードできる電子書籍ストア「iBookstore」も提供される予定です。

 iPodやiPhoneはユーザーのデジタル体験を変えてきました。2010年、iPadの登場によって何が変わるでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。読者の皆様もぜひコメント欄でご参加ください。


  • 西山圭
    西山圭さん (アサップネットワーク株式会社 代表取締役)
    最強のSNS端末=次世代ゲーム(ソーシャルゲーム)端末。DS,Wii,PSPに取って替わるポジションを占めていくでしょう。
    電子書籍やNetbookのつもりで買ったユーザが、家で・会社で・出先で、Facebookアプリ、mixiアプリをひたすらやり込むデバイスになるのが目に浮かびます。
    このゴールを目指していたのは、何よりもソニーのはずなのですが…
     PSPgoと電子書籍リーダー、Experiaという別々の端末にしてしまったところが、ソニーの限界を感じます。
    14年の時を超えてついにpippinの夢が現実になるときが来た、ということでしょうか。
    2010-01-28 12:07:17

-PR-企画特集