iPadをどう見る?

2010年1月28日 10時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが1月28日にタブレット型コンピュータ「iPad」を発表しました。9.7インチのマルチタッチディスプレイを搭載した、巨大なiPhoneのような製品です。価格は16Gバイトが499ドルからで3G搭載モデルも用意されます。

 SafariやGoogle Maps、YouTube、メール、iPod機能などを広い画面で扱えるほか、ほとんどのiPhone/iPod touch向けアプリが利用できます。さらにiPad用に改良された新版iWorkや、iPadに書籍を直接ダウンロードできる電子書籍ストア「iBookstore」も提供される予定です。

 iPodやiPhoneはユーザーのデジタル体験を変えてきました。2010年、iPadの登場によって何が変わるでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。読者の皆様もぜひコメント欄でご参加ください。


  • クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuya
    クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuyaさん (コンサルタント、経営アドバイザー)
    独自CPU開発という話題に誰も触れていないようなので、触れておきます。tweetしましたが( (リンク ») )、今回そこが最大の注目点じゃないかと。

    セミコンのスケールメリットの原則に照らせば、今後彼らが派生領域も狙っていくという、結構重大な決意表明ですよね、これ。

    というわけで、どこに行くんでしょうね。家電かなあ…。
    2010-01-28 15:13:53
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加