logo

iPadをどう見る?

2010年1月28日 10時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが1月28日にタブレット型コンピュータ「iPad」を発表しました。9.7インチのマルチタッチディスプレイを搭載した、巨大なiPhoneのような製品です。価格は16Gバイトが499ドルからで3G搭載モデルも用意されます。

 SafariやGoogle Maps、YouTube、メール、iPod機能などを広い画面で扱えるほか、ほとんどのiPhone/iPod touch向けアプリが利用できます。さらにiPad用に改良された新版iWorkや、iPadに書籍を直接ダウンロードできる電子書籍ストア「iBookstore」も提供される予定です。

 iPodやiPhoneはユーザーのデジタル体験を変えてきました。2010年、iPadの登場によって何が変わるでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。読者の皆様もぜひコメント欄でご参加ください。


  • 山崎徳之
    山崎徳之さん (株式会社ゼロスタートコミュニケーションズ 代表取締役社長)
    日本のコンテンツの流通を加速させてくれないかな。
    MeciaCenterで見る映画とかの動画やKindle上の本みたいに、Appleお膝元のUSではもうコンテンツのネット流通が普通になってきている。
    iPodというかiTMSがでたときも、日本は少し遅れて音楽流通が始まっていった。
    そういう意味で、iPadがすごく売れて、日本でももう小説とか漫画とかiPadの市場をバカにできないよ、ってなれば面白い。
    個人的には、まだMacbookとiPhoneで不便してないので、あんまり食指は伸びないけど、コンテンツ、特に小説と漫画が流通しはじめたら買うかもなあ。
    2010-01-28 13:47:32

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]