logo

iPadをどう見る?

2010年1月28日 10時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが1月28日にタブレット型コンピュータ「iPad」を発表しました。9.7インチのマルチタッチディスプレイを搭載した、巨大なiPhoneのような製品です。価格は16Gバイトが499ドルからで3G搭載モデルも用意されます。

 SafariやGoogle Maps、YouTube、メール、iPod機能などを広い画面で扱えるほか、ほとんどのiPhone/iPod touch向けアプリが利用できます。さらにiPad用に改良された新版iWorkや、iPadに書籍を直接ダウンロードできる電子書籍ストア「iBookstore」も提供される予定です。

 iPodやiPhoneはユーザーのデジタル体験を変えてきました。2010年、iPadの登場によって何が変わるでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。読者の皆様もぜひコメント欄でご参加ください。


  • 江島健太郎
    江島健太郎さん (エンジニア、アントレプレナー)
    drikin氏の書いたブログがほぼ100%ぼくの意見を代弁してくれているのでリンクします。

    (リンク »)

    つらつらと箇条書きにすると、

    ・iPadは既存のタブレットPCやNetbookと違い、完全にマス向けを狙ってきた製品。

    ・しかし、現iPadはマス向けとして最終型ではなく、最終型にもっとも早く到達できる最初の一手として考えうる中で最良の手を打ってきた。そういう意味ではファイナルベータみたいな位置づけ。

    ・WindowsやMacは普通の人には難しすぎる。かつてパーソナルコンピュータが目指した本来の姿にようやく近づいてきた。

    ・iPhoneと違い、ギークはおそらく日常的には使わない製品のため、開発者コミュニティを惹きつけておくのは難しい。だからiPhoneでコミュニティとノウハウが育ったあとに、同じフレームワークで出すというタイミングに必然性があった。

    ・マルチタスクについては、WinMoやAndroidならできるのに!っていわれても、そのソリューションがtask managerだとか言われると、UIデザイナ的な視点から見れば笑うしかない。マルチウィンドウシステムやタスクトグラーなど、まるまる一個、巨大なUIレイヤーが必要なので、ちゃんと直感的に作るのはそう簡単ではない。それこそ、間違いなくどこよりも金と時間をかけてずっと開発中だろうけど、出せるようになるまであと一年ぐらいかかるのではないか。

    ・flash非搭載は完全に意図的。フロッピーディスクドライブを最初に非搭載にしたパソコンが初代iMacだったことを思い出したほうがいい。アップルは、何がレガシーであるかを定義するのが的確で、ちゃんと技術トレンドを読んでる。しかも、みんなが絶対に必要と思ってる時期にやるからサプライズになる。YouTubeも先週からflash-lessでのHTML5サイトのベータを開始した。

    というようなことです。
    2010-01-28 14:22:44

-PR-企画特集