麻倉怜士氏が選ぶA&Vベストテン--万能の新技術から大衆映画の名作まで

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オーディオ・ビジュアル評論家麻倉怜士氏による「2020年のオーディオ、ビジュアル機器ベストテン」をお贈りする。巣ごもり需要でエンターテインメントコンテンツが見直された2020年。どんな商品が麻倉氏の琴線に触れたか。

第10位:オーディオ的な切り口を極めた贅沢な1枚
第9位:ソニーの技術と人材を結集した極上スマホ
第8位:メディアの変遷とともに進化する傑作アニメ
第7位:音楽を楽しむプレーヤーへと進化したマランツの新しい挑戦
第6位:昼と夜、2つの顔を8Kが見事に表現
第5位:日本が誇る大衆映画の傑作、本当の姿
第4位:カラオケからオーケストラまで活用範囲は無限の新技術
第3位:ネット配信の常識を超える高音質&音場再現
第2位:傑作をさらに上回った傑作有機ELテレビ
第1位:動画配信の品質にこだわった記念すべきコンテンツ
番外編:8K時代の本命HDMI2.1対応の本格派ケーブル

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]