logo

スマートスピーカ出荷台数、1位は「Google Home Mini」--第2四半期調査

Stephanie Condon (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ) 編集部2018年09月20日 10時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Strategy Analyticsの調査によると、2018年第2四半期に世界全体で最も出荷台数の多かったスマートスピーカは「Google Home Mini」だった。同四半期にGoogleは230万台のHome Miniを出荷し、市場シェアは20%に達した。

 ただし、市場全体を支配しているのはいまだにAmazonで、第2四半期の出荷台数では、上位3製品のうち2つを同社のスマートスピーカが占めている。2位の「Amazon Echo Dot」は220万台が出荷され、18%の市場シェアを獲得した。3位の「Amazon Echo」は140万台が出荷され、市場シェアは12%となっている。

スマートスピーカ出荷台数
提供:Strategy Analytics

 Appleの「HomePod」はトップ5にも入れず、市場シェアはわずか6%だった。

 ただし、HomePodは卸売販売額で見ると第2四半期の1位で、そのシェアも16%に達している。また、まだ規模は小さいながらも急速に成長している販売価格200ドル(約2万2000円)超のスマートスピーカ市場では、70%と圧倒的なシェアを獲得している。

 Amazon Echoに続いたのは阿里巴巴(アリババ)の「天猫精霊(Tmall Genie)」とGoogleの「Google Home」で、いずれも出荷台数は80万台だった。

 全体の出荷台数は1170万台に達し、2017年第2四半期の390万台から増加した。

 卸売販売額は10億ドル(約1120億円)を超えた。Google Home MiniとAmazon Echo Dotが出荷台数の38%を占めた一方、卸売販売額に占める割合は17%にとどまった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]