logo

ジョブズ氏が見たら怒りそうなアップルの現状10選 - 2/10

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル2017年03月22日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
使いにくくなった「iOS」

 「シンプルにするのは、複雑にするより難しいこともある。努力して思考を研ぎ澄ませないと、シンプルにはできない。だが、そこに至ることができれば何だってできるのだから、目指す価値はある」(Steve Jobs氏)

 「iPhone」が10年前に発表されたときのOS(当時は「iPhone OS」という名称で、iOSという名前になるのは2010年から)はすっきりしていて、シンプルだった。数回タップするだけでどんな操作もできたし、ユーザーインターフェースは直感的で使いやすかった。

 その後10年でiOSは大きく変わった。「iOS 10」は、初期のiPhone OSのルック&フィールも多少は残っているが、継ぎ足しやら詰め込みやらで、いろいろなものが増えている。そのせいで、かつてエレガントで合理的だったプラットフォームが、ごちゃごちゃして使いにくいものになってしまった。

 通知パネルやポップアップでインターフェースが散らかり、よく使う機能を開くだけでも、ジェスチャを何種類も覚えなければならない。「設定」アプリは今や、「Windows」の「コントロールパネル」なみに乱雑になっている。
Scroll Right Scroll Left

使いにくくなった「iOS」

 「シンプルにするのは、複雑にするより難しいこともある。努力して思考を研ぎ澄ませないと、シンプルにはできない。だが、そこに至ることができれば何だってできるのだから、目指す価値はある」(Steve Jobs氏)

 「iPhone」が10年前に発表されたときのOS(当時は「iPhone OS」という名称で、iOSという名前になるのは2010年から)はすっきりしていて、シンプルだった。数回タップするだけでどんな操作もできたし、ユーザーインターフェースは直感的で使いやすかった。

 その後10年でiOSは大きく変わった。「iOS 10」は、初期のiPhone OSのルック&フィールも多少は残っているが、継ぎ足しやら詰め込みやらで、いろいろなものが増えている。そのせいで、かつてエレガントで合理的だったプラットフォームが、ごちゃごちゃして使いにくいものになってしまった。

 通知パネルやポップアップでインターフェースが散らかり、よく使う機能を開くだけでも、ジェスチャを何種類も覚えなければならない。「設定」アプリは今や、「Windows」の「コントロールパネル」なみに乱雑になっている。

提供:Wikimedia Commons

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]