logo

ジョブズ氏が見たら怒りそうなアップルの現状10選 - 9/10

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル2017年03月22日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イノベーションを忘れ、他社(とりわけサムスン)に追随

 「他人の意見という雑音に、自分の内なる声をかき消されるな」(Steve Jobs氏)

 かつてのAppleは前を向いていたが、今では横に目をやり、競合他社が何をしているのか、気にすることが増えているように思える。同社が特に気にしているのは、韓国のハードウェアメーカー、サムスンだ。

 ハードウェアに対するサムスンの取り組み方は、「何でもいろいろやってみて、結果を見る」というスタンスで、この何年間かはAppleも同じようなアプローチをとっている。特にiPhoneで多いアプローチだ。そうしたやり方でうまくいくこともあるが(たとえば、iPhoneの大画面化が長らく求められていたのは明らかだ)、失敗した例もある(この話でどうしても思い出されるのが「iPhone 5c」だろう)。
Scroll Right Scroll Left

イノベーションを忘れ、他社(とりわけサムスン)に追随

 「他人の意見という雑音に、自分の内なる声をかき消されるな」(Steve Jobs氏)

 かつてのAppleは前を向いていたが、今では横に目をやり、競合他社が何をしているのか、気にすることが増えているように思える。同社が特に気にしているのは、韓国のハードウェアメーカー、サムスンだ。

 ハードウェアに対するサムスンの取り組み方は、「何でもいろいろやってみて、結果を見る」というスタンスで、この何年間かはAppleも同じようなアプローチをとっている。特にiPhoneで多いアプローチだ。そうしたやり方でうまくいくこともあるが(たとえば、iPhoneの大画面化が長らく求められていたのは明らかだ)、失敗した例もある(この話でどうしても思い出されるのが「iPhone 5c」だろう)。

提供:Wikimedia Commons

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]