logo

ジョブズ氏が見たら怒りそうなアップルの現状10選 - 3/10

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル2017年03月22日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
焦点がぶれている

 「的を絞るときに大切なのは、『ノー』と言うことだ」(Steve Jobs氏)

 iPhoneの出発点になったのは、スマートフォンを再発明するデバイスというシンプルなアイデアだった。購入時に検討するのは、ストレージ容量を4Gバイト、8Gバイト、16Gバイトのどれにするかだけ。それでiPhoneユーザーになれたのだ。

 それから10年たった今、本体のサイズや色など、選択肢があまりにも増えてしまった。

 同じように焦点が絞られていない例は、「Mac」にも見られる。たとえば、Appleのノートブックを買おうと思ったらまず、「MacBook」「MacBook Air」「MacBook Pro」のどれにするかを決めなければならない(誰かMacBookとMacBook Airの違いを簡単に説明してくれないだろうか)。その次には、各種システム仕様の選択が待っている。

 「iPad」でも状況は同じだ。デバイスの種類は多いが、それぞれの違いはよくわからない。
Scroll Right Scroll Left

焦点がぶれている

 「的を絞るときに大切なのは、『ノー』と言うことだ」(Steve Jobs氏)

 iPhoneの出発点になったのは、スマートフォンを再発明するデバイスというシンプルなアイデアだった。購入時に検討するのは、ストレージ容量を4Gバイト、8Gバイト、16Gバイトのどれにするかだけ。それでiPhoneユーザーになれたのだ。

 それから10年たった今、本体のサイズや色など、選択肢があまりにも増えてしまった。

 同じように焦点が絞られていない例は、「Mac」にも見られる。たとえば、Appleのノートブックを買おうと思ったらまず、「MacBook」「MacBook Air」「MacBook Pro」のどれにするかを決めなければならない(誰かMacBookとMacBook Airの違いを簡単に説明してくれないだろうか)。その次には、各種システム仕様の選択が待っている。

 「iPad」でも状況は同じだ。デバイスの種類は多いが、それぞれの違いはよくわからない。

提供:Wikimedia Commons

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]