logo
CES 2015

3Dプリンタも各社製品が一堂に--CES 2015で見た展示やデモ - 11/28

Dong Ngo (CNET News) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2015年01月27日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Polar 3Dの「Polar 3D Printer」

 「Polar 3D Printer」はとても興味深いプリンタだ。というのもプリントヘッドが固定された設計、つまりプリントノズルはまったく動かないという業界初の製品の1つなのだ。要するにプリント中はノズルの下にあるビルドプラットフォーム自体が動くようになっているわけだ。これはビルドプラットフォームの上をプリントヘッドが動き回るという従来の設計とはまったく逆の発想と言える。

 その結果、部品点数が少なくて済み、小さな本体サイズに比して非常に大きなオブジェクトをプリントできるというメリットが生み出されている。

 この製品のビルドプラットフォームは直径約20cmであり、高さ15cmまでのオブジェクトをプリントできる。

 本体サイズが約20×31×36cmであることを考えると、これは非常に大きいと言えるだろう。

 この製品は価格も安く、一般コンシューマー用はわずか799ドル、学校用は599ドルとなっている。

Polar 3Dの「Polar 3D Printer」

 「Polar 3D Printer」はとても興味深いプリンタだ。というのもプリントヘッドが固定された設計、つまりプリントノズルはまったく動かないという業界初の製品の1つなのだ。要するにプリント中はノズルの下にあるビルドプラットフォーム自体が動くようになっているわけだ。これはビルドプラットフォームの上をプリントヘッドが動き回るという従来の設計とはまったく逆の発想と言える。

 その結果、部品点数が少なくて済み、小さな本体サイズに比して非常に大きなオブジェクトをプリントできるというメリットが生み出されている。

 この製品のビルドプラットフォームは直径約20cmであり、高さ15cmまでのオブジェクトをプリントできる。

 本体サイズが約20×31×36cmであることを考えると、これは非常に大きいと言えるだろう。

 この製品は価格も安く、一般コンシューマー用はわずか799ドル、学校用は599ドルとなっている。

提供: Dong Ngo/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]